ホイール・アラインメント

| 未分類 |

ホイール・アラインメントとは車の走行性能を決める要素であり、サスペンションやタイヤの角度や向きのことです。

 
この角度や向きは長いあいだ車を乗っていると縁石にタイヤを当てたり、段差などを走行することでずれてしまうことがあります。
もしこれらの角度がずれてしまうといろいろな症状が出ることがあります。

 
例えば車が走行中に左右いずれかにハンドルを取られやすくなってしまう場合や、ブレーキをかけた時だけハンドルが左右いずれかに取られてしまったり、ある一定のスピードになるとハンドルがぶれるなど起こることがあります。

 
またタイヤが肩べりしていたり、今までハンドルをいっぱいに切って回れていた最小半径を回ることができなくなったりします。
これらはアラインメント調整という方法で直すことができるのです。

 
具体的にはホイールの角度はトーという真っすぐに走るための角度調整と、キャスターという車の直進安定性やハンドルを回してもどる時の角度調整と、キャンバーという直進性をコーナーリング性能を調整する角度があります。

 
これら大きく3つの角度がずれると走行性能に影響が出るため、それを正しく調整を行うことで、車本来の走行性能にすることができます。