ハブボルトって

| 未分類 |

自動車にホイールとタイヤを装着させる時に使用しているボルトがあります。

 

このボルトは車体側に設置されているハブの裏側から固定されているもので、主な利用目的としてはホイールを取り付けるためのボルトで、自動車には欠かすことのできないものとされています。

 

ハブボルトはタイヤを固定させるために非常に安全性能の高いパーツでもあります。

 

通常ではかなりの高耐久を実現しているものですが、経年劣化や異物の混入などによって時には破損してしまうことがあります。

 

例えばタイヤ交換を行う際に、無理な荷重を掛けてしまった場合には、損傷してしまうこともあり、中には折れてしまうという現象も見られます。

 

このケースでは自動車を走行させることが困難になるために、レッカー車などを利用して修理工場で交換作業を行うことが必要になります。

 

また、ボルトには車種によって異なるものが使用されており、その間隔や長さ、本数などもメーカーによって様々なものに設定されています。

 

例えは4穴と呼ばれている車両には4本のボルトが設置されており、5穴のタイプにはそれぞれ5本のボルトが設置されています。

 

長さに関しては、スペーサーなどを使用した際には、利用できるネジ山が不足してしまうことがあります。

 

このケースでは長めのものに交換することも行われています。